Home > 地元事業者 > 株式会社モトクロスの松永秀夫さんにインタビュー!

株式会社モトクロスの松永秀夫さんにインタビュー!

こんにちは! 創業サポーターの松浦奈津子です。

いよいよ今年もあとわずかとなりましたね。私も今日で仕事おさめです。

今年最後の投稿は、山口県のカリスマブロガーでもあり、先日の「1日起業合宿セミナー」でも講師を務めていただいた、株式会社モトクロスの松永秀夫さんです!

とってもいいお話を聞くことができ、私自身も刺激を受けました。

  DSC09054.JPG

《創業の動機・経緯》
小さいころから自分で会社を作りたいと思っていたのですが、大学卒業後はいったんサラリーマンとして就職。ビジネスマンとして、営業マンとして経験をつみ、自分の能力を確認した上で、やれる!の確信のもと起業しました。私の場合は、何がやりたい・・というのが先ではなく、「会社をたてたい!」が先で、現実的に何がやれるか考え、パソコン一台でできるこの業種で起業することにしました。
 
《事業の紹介》
ホームページなどインターネットを軸とした各種広告プロモーションにより、お客さま
の販路拡大やブランド戦略をあらゆる角度からお手伝いしています。ブログやSNS
などのソーシャルメディアを活用する仕組みの構築と広報支援は効果絶大で、山
口県内だけに留まらず、全国各地の多くのお客様にご好評いただいています。事
業内容は多岐にわたり、ホームページ制作の他に、ネットワーク構築やシステム開
発なども行っているIT企業です。
 
《創業時の課題と解決方法》
自己資本が少ない場合の資金集めです。一つの解決方法として、「会社をたてるけど出資しないか」という話で、友人、知人等から、30万円ずつ10人から集めるというような手法もあります。メリットとしては、出資してくれた多くの人達が、倒産しないようにと会社を応援してくれることです。しかしこの場合、株主に自分の年収や売り上げ等を、生涯にわたって公開していかなければならないという義務ができるため、一概に良い事なかりとはいえないのですが、こういったやり方で、課題を回避する事もできるということです。
 
《創業時に活用した支援策、支援機関》
市や、商工会議所主催の起業カレッジ(宇部、山口)を受講しました。私にとっては、ここで学ぶということよりも、志を同じくする仲間と出会えることや、会社の名前(個人の名前も)を広く浸透できる事が、大きなメリットだと思って、起業前、起業直後には、たくさんのセミナーを受講しました。助成金や、補助金等も、利用出来るものは全て利用させていただきました。
 
《創業時に必要だった主な許認可等》
特にありません。(個人的にコンピューター関連の資格は複数保有)
  
《今後の抱負》
やりたいことは、「会社を維持すること!」。「明日会社がある」というのが大きな目標です。自分の中では、“目標がブレる“のが、ある意味今風と思っています。昨今、5年先なんか分からない時代ですよね。だからこそ、時代の流れ、流行りに合わせて、その時その時で柔軟に対応していける能力こそが、今の時代を生き抜いていく経営者に問われるべき能力ではないかと思っています。
 
《これから創業される方へのメッセージ》
 「人生一度きり!」
1000年くらい生きるんならいいけど、あと30年、40年なんて、すぐ過ぎていきます。一度しかない人生だからこそ、あまり色々な事を考えずにやりたいことをやったら良いと思います。人生において失敗なんてありません、全てが自分の人生における貴重な経験です。人生とは、まだ見ぬ己と出会う旅!お互い頑張りましょう。 
 
《座右の銘》 
「人生とは、まだ見ぬ己と出会う旅」。
毎日、新しい自分に出会える、それを楽しみに生きています。そして、限られた時間の中、毎日睡眠時間を惜しんで遊んでます。
 
《起業を決めた最後のひと押しは》 
会社の上司や同僚に「32歳で会社を起こす!」と公言して、自分を追い込みました。子どもがいないタイミングでしなかったら、俺は一生起業できない!と思い、「言い訳の理由」がたくさん出来る前に、起業しました。
 
《起業してみて気が付いた反省点》
起業してみたら、当初予定していなかった支出がたくさんあることに驚きました。しかし、だからといって勉強しておけばよかったとは思いませんでした。勉強してから起業しようと思ってたら、一生起業できないと思います。強みとなる自分のスキルは起業前にある程度は身につけておくべきですが、経営者としての勉強は、経営者になってから、一個づつ経験しながらクリアしていったら良いと思います。
 
 
株式会社モトクロス
山口市熊野町1-10NPYビル
083-902-8200
 

コメント:0

コメント投稿フォーム

リンク集
Feed

このページの先頭へ